自動車事故で整骨院の通院数を『水増し』しては行けない理由や怪しい整骨院の見極め方を解説


みなさん交通事故にあった際、もしむち打ちなどのケガで整骨院に通院する必要がある場合にはぜひ通院をしてください。しかし万が一、整骨院の通院回数を増やしたり、水増しをしようとしたり、もしくは整骨院がそれを進めてきた際には気をつけて頂きたいです。なぜなら自分にとっても今後不利になることがあるからです。今回は整骨院での通院回数や水増しの危険性とそれを進めてくる怪しい整骨院の見極め方を皆さんにご紹介いたします。

前提として整骨院に通う前に整形外科にいく

交通事故に遭った場合、まず初めに整形外科に行く必要があります。整骨院や接骨院ににいる柔道整復師は医師ではありません。その為、ケガの診察や判断をすることは出来ないので必ず初めに整形外科に行きましょう。

また、万が一病院に行くのが遅くなって、実は骨折していたりなど判明した場合、交通事故による受傷と判明できない恐れもあり、これが今後の慰謝料にも関係してくるので、交通事故にあった際にはすぐに病院へ行きましょう。

整骨院に通いたい場合は医師の許可が必須

shutterstock_283236740
整骨院や接骨院は病院ではありません。その為「この通院は必要です」と整形外科の医師に認めてもらう必要があります。もちろん病院で許可を貰えば費用も保険会社から請求出来ます。しかし、自己判断で整骨院や接骨院に行った場合、その際の支払いは自己負担になるので気をつけましょう。

また、病院でかかる診察代や入院費などの治療費は原則として保険会社に請求できます。それ以外のケガの治療で必要かつ妥当な費用がある場合も請求可能とされています。

悪徳整骨院に通うとで様々なデメリットが生じてしまう恐れがある

整骨院の中には不当な方法でお金儲けをしている悪徳整骨院もあります。整骨院は交通事故被害での治療費や慰謝料の支払いの仕組みをよく知っているので、それを利用した手口もあるのです。もし、悪徳整骨院に当たってしまった場合、自分にも今後不利があるので注意をしましょう。場合によっては刑事事件の加害者になる恐れもあります。

そこで、悪徳整骨院に当たらないために、見極めるポイントをご紹介いたします。

怪しい整骨院の決まり文句とは?

shutterstock_135573032
「交通事故に遭ったらまず初めに整骨院にお越しください」

「慰謝料をたくさんもらうには何度も通いましょう」

「示談交渉も私たちが対応いたします」

「明日も通院したことにしておきましょう」

など、このような言葉を聞いた場合、悪徳整骨院の可能性があるので気をつけましょう。

交通事故の治療で通ってはいけない整骨院4例

せっかく病院で整骨院の通院許可をもらったにも関わらず、悪徳な整骨院に行ってしまっては、今後の治療費や慰謝料に影響が出てくる可能性があります。ここでは悪徳な可能性のある整骨院の事例をご紹介します。

1.ケガに見合わない必要以上の通院を勧めてくる

shutterstock_741583993
もし「通院回数が多い方が慰謝料も貰えるので、たくさん通ってくださいね」と言われた場合、親切心だと受け取ってしまうかもしれません。しかしそれは整骨院が儲ける事を優先して、患者さんの事を考えていない場合がほとんどです。通院回数が多いいほど整骨院は売上が増えるのです。

交通事故被害者はどうなのでしょうか。たしかに、「自賠責基準」で慰謝料を受け取る場合は通院日数が多いほうが慰謝料の金額が高額になる可能性があります。

しかし、「裁判基準」という、弁護士などが慰謝料計算をする際に使用する基準では、通院期間は金額に関係しますが、基本的に通院日数は関係しません。そのため裁判基準で請求する場合は、整骨院だけがたくさん儲かるということになります。

もし保険会社からケガの症状に対して通院日数が多すぎると指摘された場合、治療費の一部は事故被害者の自己負担となってしまいますので、その点を理解して、適切な通院回数を提案してくれる整骨院を選んで行くことをおすすめします。

2.治療費の水増し請求の話を医師から提案してくる

shutterstock_124034575
最近では、架空の治療費を受け取る為に、交通事故被害者の通院日数を多く保険会社に伝える整骨院が問題となっています。整骨院は通院日数が多ければ、事故被害者が受け取る慰謝料や治療費の金額も増えるという仕組みを知っています。その上で悪徳整骨院は通院日数を増やさないかと持ちかけてくるのです。

しかし、水増し請求は犯罪なので、応じてしまっては犯罪に加担したことになります。保険会社に水増し請求を知られると、慰謝料請求の際に自分が不利になりますし、刑事事件の加害者になってしまう場合もあります。

悪徳整骨院は患者さんの事を考えておらず、自分たちの利益が優先なのです。万が一、そのような整骨院に当たった場合はすぐに転院することが被害を防ぐ方法です。

3.患者の症状を詳しく確認せずに施術を行う

shutterstock_700111501
整骨院に行った際、状況などを詳しく確認をせずに施術を行うような整骨院には気をつけましょう。症状をきちんと確認しない整骨院は技術に不安がある他、施術自体が流れ作業になっているなどが考えられます。

店頭やWEBサイトで「交通事故の専門です」と広告すれば集客に繋がると考え、交通事故の知識や施術経験がないにも関わらず広告を上げている可能性もあります。また、「交通事故にあったらまず整骨院へ」とPRしているところも適切ではないので、気をつけましょう。

4.示談交渉の代行を自ら提案してくる

shutterstock_291069275
ケガだけではなく、慰謝料や示談まで任せてくださいという整骨院には気をつけましょう。親切心に捉えそうにもなりますが、これは集客のために過剰に広告しています。保険会社との慰謝料の示談交渉は、法律の知識はもちろんのこと、交渉方法や複雑な計算などが必要なので、法律の専門家でないと対応が難しいのです。トラブルを避ける為にもこのような整骨院には気をつけましょう。

整骨院の水増し請求はなぜバレる?

ついバレないだろうと甘い考えで水増し請求をしてしまう悪質整骨院もありますが、何かをきっかけに水増し請求は発覚します。それではどのような場面で不正がバレてしまうのか、不正発覚のきっかけをご紹介いたします。

1,情報提供

shutterstock_432165577
情報提供はよくある不正発覚のきっかけです。この場合、一般の患者さんは不正請求と言う事を知らないことがほとんどです。そのため摘発者は同業他者や、元従業員の場合が多いです。元従業員の場合は不正を強要されたという思いもあり、辞めた後に告発する場合があるそうです。

2,内部告発

shutterstock_731853004
元従業員からの告発もありますが、現在働いている従業員からの告発もあるそうです。院長のやり方に不満があり、経営方針に不信があった場合、今後の改善なども考えて従業員から告発する場合もあるそうです。

3,保険会社にたまたま質問して

先程も言いましたが、不正請求に関して理解していない患者がほとんどだと思います。しかし知らないからこそ不審な整骨院に当たった場合、患者自身が触接保険会社に質問をして不正請求が発覚すると言うことがあります。

保険者による精査

shutterstock_379650343
また、不正が無いように保険会社側でも常にチェックをしていて、毎月いくつか治療院をピックして調査をしているようです。例えば無作為に抽出したいくつかの治療院に対して調査を行なっているということもあります。保険会社から患者さんへの問い合わせも調査の一環として行なっています。一定数の患者さんに問い合わせて、その全員が記入した情報などに関して「記憶に無い」返答した場合、怪しいと判断するでしょう。

プロの目を誤魔化すのは難しい

shutterstock_583065985
データを捏造しようとして、大量のデータを捏造した場合、パターンも決まってきます。例えば何ヶ月かごとに病名を変更したり、いくつかの箇所を同時に治療し、同時に治癒したり、月末に向けて治療が集中していたりなど、人工的に捏造したものはすぐに見破られます。パターンをいくら増やしても内容に無理がでてくるので捏造は難しいのです。そのような事をしても、プロの目を誤魔化すことは出来ません。

整骨院の水増し請求でニュースになった事例

それでは実際に水増し請求でニュースになった事例をご紹介いたします。

寒川町で起きた”消防士保険金詐欺”整骨院の院長らも逮捕

shutterstock_1108211540
寒川町で接骨院を経営する男と通院患者が通院した日数を水増しして保険金をだまし取ったとして、逮捕されました。事件での逮捕者は9名になります。

通院日数を水増しして、保険金の算定基準を加算する手口で、不正に損害保険会社から保険金を手に入れて、被害総額の合計は約1400万円に上るとみられます。

中には、交通事故でケガをおった際に加入する保険の担当者の男(同容疑で逮捕)から「行かなくても行ったことにしてくれる」と接骨院を紹介されて来院し、逮捕された患者もいます。

逮捕後の県警の調べに対し、柔道整復師は「1994年の開院以来、述べ約1万3500人の患者に施術したが、その約半数で水増し請求をしていた」と供述しています。

患者側も逮捕された整骨院委員長”早稲田のゴッドハンド”

shutterstock_699903658
東京都新宿区の早稲田大学近くの整骨院で起こった事件です。交通事故でケガをした会社役員と、整骨院の元院長は共犯してケガの治療回数を水増しし、保険金など82万円をだまし取った疑いで、警視庁に逮捕されました。

元院長はテレビにも出演しており、「早稲田のゴットハンド」と呼ばれていたそうです。元院長は治療に訪れた会社役員に対して、「通院日数が多いほど慰謝料なども多くもらえる」などと持ちかけ、この会社役員も逮捕されました。

まとめ

今回は自動車事故での整骨院の水増しをしては行けない理由や、怪しい整骨院の見極め方までご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

交通事故で通院する場合にはかならず初めに整形外科などの病院に通院しその後、整骨院、接骨院へ行きましょう。その際に、整骨院から通院回数を多く持ちかけられたりなど、少しでも怪しい行動を持ちかけられた際はすぐに病院を変える事をおすすめします。

患者である自分は大丈夫だろうと思っていても、共犯で逮捕される場合もあるのです。整骨院側から甘い話を持ちかけられても、それは患者を思っての行動ではなく、自分たちの利益の為だけに行なっている行動なのです。良い整骨院を見極めて治療に専念してくださいね。

 

関連記事
【慌てずしっかりと確認】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
【慌てずしっかりと確認】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
整形外科と整骨院・接骨院の違いとは?【交通事故による怪我の治療について】
整形外科と整骨院・接骨院の違いとは?【交通事故による怪我の治療について】
整骨院の通院で慰謝料と治療費を請求する際に気をつけるべきポイントとは?
整骨院の通院で慰謝料と治療費を請求する際に気をつけるべきポイントとは?
渋滞で後ろから追突された場合の対応方法とは?【追突事故に遭ったらどうすればいい?】
渋滞で後ろから追突された場合の対応方法とは?【追突事故に遭ったらどうすればいい?】
交通事故の後、整骨院で治療を受けてトラブルになっても慰謝料の請求で不利にならない対処法とは?
交通事故の後、整骨院で治療を受けてトラブルになっても慰謝料の請求で不利にならない対処法とは?