交通事故で整骨院に通うための注意点と通院にあたって知っておく5つの項目とは?


交通事故による『むち打ち』『酷い打撲』など、病院に通っても治りにくい症状を抱え、整骨院に通いたいと考える交通事故患者は多くいると思います。

そんな事故治療の為に整骨院を利用する為には、いくつもの注意点やルールが実は存在します。今回はそんな交通事故が理由で整骨院を利用したい患者様に向け、気になる健康保険の適用範囲などもまとめて解説していきます。

整骨院に通う前に知っておくべき5つの項目

まず、交通事故が原因で『整骨院に行こう!』と自らの判断で通院してはいけません。整骨院に通う前に、事前に知っておかなければならないルールを把握しておく必要があります。

1,整骨院に行く前に必ず病院に行く

shutterstock_432165577

整骨院に行く前に必ず病院に通いましょう。整骨院は医師では無い為人間の内部的な症状までは把握しきれません。交通事故が原因で体感では大丈夫だと感じていても実は内部の損傷があるかもしれません。

交通事故が起きた際には、自分が大丈夫でも必ずその場で病院に行き検査を行ってもらう様に心がけましょう。それを踏まえた上でも、整骨院に通いたい場合は医師に相談し、許可を貰ってから通院に臨みましょう。

整骨院は紹介状を書いてもらえるケースもあるので、指定された場合はその整骨院に行くことをお勧めしますが、どうしても行きたい整骨院がある場合は一度相談を持ちかけると良いです。

2,保険会社に必ず整骨院への通院を報告

shutterstock_731853004

医師からの許可を得て整骨院の通院が決まって終わりではありません。保険会社の担当にも通院の報告をしましょう。保険会社としては請求金額は下げたいと思っているのが本音です。しかし、医師の許可があった上で真っ当な理由がある場合は、保険会社も許可をくれるのケースがほとんどです。

保険会社を納得してもらう為にも前述で述べた『1,整骨院に行く前に必ず病院に行く』事は、そういった要因からも大事な行動の一つと言えます。

3,適正な通院日数利用する

shutterstock_531860410

整骨院を利用する事が決まったからと言って、闇雲に整骨院に通っては行けません。利用する保険の種類によって通院日数は決まった一定の金額が設定されています。

また、適正な回数と保険会社に見なされては、保険金は下りず自己負担になってしまうので担当の医師と慎重に相談し通院日数を決める様にしましょう。

4,接骨院は後遺障害診断書を発行できない

shutterstock_135573032

遺障害診断書とは、治療は行ったが残ってしまった症状や痛みを中心に記載するものの事を指します。そして、医師では無い柔道整復師は後遺障害診断書を発行する事ができません。

中には、「接骨院や指圧に通ったら経過観察ができないので後遺障害診断書は書かない」といった病院もあるので、通院の前には前もって担当の医師に確認をとってから通院すると良いでしょう。

5,水増しを目的とした通院は厳禁

shutterstock_699903658

交通事故が原因で真っ当の理由のもと整骨院に通う患者がいる中で、多くの請求金額を欲しさに水増しを理由に整骨院に通う人もいます。前述でも説明した『3,適正な通院日数利用する』で述べた通り、通院回数には症状に合った通院日数というものが存在します。

水増しを目的で通う場合は十中八九保険会社からバレてしまい、全額自己負担を強いられてしまうので、水増し目的で整骨院を利用するという考えはやめておきましょう。

整骨院に通う際の注意点

整骨院に通う前に事前に知っておきたい5つの項目を踏まえた上で、更にいくつかの注意点が存在します。真っ当な理由があっても、保険会社との兼ね合いもあり複数の注意点を理解しておく必要があります。

これらを把握した上で整骨院に通うとよりスムーズに、担当医師、保険会社、柔道整復師とコミュニケーションがとれるので必ず理解度を高めて通院に臨みましょう。

1.医師の治療が必ず受けられるとは限らない

何度も述べた通り、整骨院の施術師は医師ではなく『柔道整復師』です。ムチウチや捻挫などの痛みの改善のために施術をしてくれます。しかし、施術者が医師ではないため、レントゲン検査や薬の投与、治療行為などは出来ません。

よって、整骨院には、緩やかなスピード感で症状を改善したい時に通うべきであり、急性の症状がある場合には整形外科を受診する事をお勧めします。

担当の医師の許可をもらう必要がある

shutterstock_741583993

5つの項目でも述べた『病院の許可を得る』ですが、これは交通事故が理由に整骨院を通う為に必要最低条件の項目と言えます。許可をもらう際には、通院回数や通院頻度、どういった施術が良いか等に詳細な指示があった上で、診断書に「整骨院での治療を有効と認める」といった記載をしてもらえるとより理想的です。

担当医師や担当の保険会社の人から許可がもらえない場合がある

shutterstock_283236740

整形外科の医師の中には、整骨院への通院をよく思わない人も中にはいます。病院の方針であったり、整骨院に通う事に意味を成さないと思う人など様々です。大多数の医師の場合が『同意』(許可)をしてくれますが、『ダメ』ときっぱり断る医師もいます。それでも整骨院に通いたい場合は病院を変え流のも一つの手でしょう。

しかし、病院の許可なく無断で整骨院に通うのはご法度。必ず医師の許可を貰い通院に臨むようにしましょう。

2.治療する理由や怪我の原因を理解しておく

治療する理由や原因を自ら理解しておく事が非常に大事な事です。理由としては、前述で述べた『スムーズにコミュニケーションを取る』と言った点に該当します。

保険会社を始めとする、許可を得る為に自分自身が理解度を高めていないと話が円滑に進まない場合があります。『何故』『どの様に』『どんな症状があるから』と明確に理由をスムーズに答えられると円滑に話が進みます。

保険制度の予備知識を高める

shutterstock_1028678827

保険会社側としては水増しへの被害を避ける為、慎重に対応する事が多いです。その為、事故側の誤った知識によるコミュニケーションのズレはあまり宜しくないです。保険会社との関係もより良い関係を築いて行くのも理想的なので、予めある程度の保険の知識なども頭に入れておくといいでしょう。

3.交通事故の通院には健康保険が使える?

では前述を踏まえた上でもっとも気になるのは、『健康保険の使用できるのか?』についてですよね。整骨院では健康保険が使えるケースと使えないケースがあります。

健康保険が利用できるのは、怪我をして、痛みが出ている場合などであり、肩こりや単なる違和感などの症状を和らげる事には利用できません。そのため、交通事故後の痛みを和らげるために通院する場合は、整骨院でも健康保険が利用出来ます。

交通事故後の症状を和らげるために整骨院に通う際には、健康保険を使って治療を受ければ自己負担分を減らすことが可能になります。

病院との併用は出来ない

shutterstock_755088883

交通事故が原因で健康保険を利用する場合には、『整骨院』と『整形外科』の二つを併用する事は実は出来ません。これは同じ原因で健康保険を使う場合に該当します。

整形外科へ通院中に、同じ原因で整骨院に通う場合は全額自己負担になるケースがほとんどです。交通事故原因であっても健康保険を利用して整骨院に通えないのが最大の注意点です。

実費負担後保険会社から治療費が降りる場合がある

shutterstock_160767953

前述で述べた健康保険が利用出来ないケースですが、医師の許可を得て必要相当の施術であれば保険会社から治療費を受け取る事が出来ます。医師の許可を得てから通院するという事はここにも必要性が見いだせるという事になります。担当医師としっかり相談して、整骨院通院の妥当性を明確化しておきましょう。

4.整骨院には継続的に適性な通院数通う

整骨院に通院する際には継続的に通う必要があります。ただ闇雲に通うのではなく医師の判断指示のもと適正な回数通院する事が大事です。途中でやめる場合は必ず医師に相談して『どの様な理由があって』打ち切るのか明確に伝える義務があります。

整形外科への通院も医師の指示に従う

shutterstock_143220484 (1)

整骨院へ通院するにあたってよくあるケースが『整骨院だけ通院して、整形外科への通院をやめる』というケースです。一旦整形外科に行ったきり、整形外科への通院を辞めて通院先を(整骨院に)変えた場合、そのまま整形外科に行かなくなるという人も多くいるのも事実です。

しかし、整形外科への通院は必ず医師から『症状固定』と判断されるまで、医師の指示のもと通院する様にしましょう。

症状固定とは?

shutterstock_548949955

症状固定とは、医師が『これ以上症状の改善が見られない』と判断する事を指します。症状固定と判断されても後遺症が残る場合は整形外科の担当医師に『後遺障害診断書』を書いてもらえるので、自分自身のためにも整形外科へ通院する事は必要な事になります。

整骨院通院にあたって断られた時の対処法

整骨院に通院する際には許可が必要というのは分かりましたが、実際に必ず許可が降りるとは限りません。断られた時のために対処法も理解しておく良いでしょう。

接骨院の利用を”病院”から拒否されたら?

shutterstock_1222202530

前述でも述べた通り、整形外科の医師の中には整骨院への通院をよく思わない人もいる為、通院の許可がおりない場合もあります。医師の立場上、自身の病院に通っているにも関わらず他の病院に行く必要性はないと感じる事は必然的ですよね。

その為、どうしても通いたい場合は医師の説得を行い、他の信頼できる医師の元に変更して許可をもらうのが理想的でしょう。しかし決めるのは被害者である自分自身です。実費でも良いという方は自らの足で整骨院に通い早期回復を目指すのも一つの手でしょう。その際は必ず整形外科への通院も怠らない様にしましょう。

接骨院の利用を”保険会社”から拒否されたら?

shutterstock_1185179290

整骨院に通院する際に保険会社担当の者に『通院は認めるが治療費は実費負担でお願いします』と断られるケースがあります。真っ当な理由があるにも関わらず話が通らない場合は弁護士に相談すると話が円滑に進みます。

弁護士を介して保険会社の人と相談するにはメリットがあります。その中で最も優位な点が、保険会社の対応を弁護士に任せる事ができるに当たります。交通事故における対応はたくさんしてきているので、保険会社を納得させる知識もあります。

また、後遺障害等級認定の申請のサポートを受けることができるなど弁護士を通すことは多くのメリットがあるので、保険会社から整骨院の通院を拒否された場合は、弁護士にお願いするのも一つの手です。

まとめ

交通事故が原因で整骨院に通うには、担当医師の許可がどれだけ重要かという事がわかったかと思います。

担当医師から許可が貰えないケースも述べましたが、誠心誠意相手に理由を伝えれば、医師も許可をしてくれる事がほとんどです。整形外科に限らず保険会社の人とも誠意を持ってコミュニケーションを取る事が、円滑に話が進むコツです。

何事も焦らず慎重に整骨院に通い、症状の早期回復を目指してくださいね。

関連記事
【交通事故と同意書】書類の内容と理由。整骨院と併用して通うには?
【交通事故と同意書】書類の内容と理由。整骨院と併用して通うには?
【交通事故における治療はいつまで?】通院打ち切りの対処方法や理由など解説
【交通事故における治療はいつまで?】通院打ち切りの対処方法や理由など解説
【交通事故治療の期間とは?】治療期間や治療費打ち切りの理由を解説
【交通事故治療の期間とは?】治療期間や治療費打ち切りの理由を解説
【注意しておきたい】交通事故で整骨院に通院した場合の慰謝料はどうなる?
【注意しておきたい】交通事故で整骨院に通院した場合の慰謝料はどうなる?
【交通事故で整骨院に通院したい!】整骨院へ通う際の注意点と必ず知っておくべき事
【交通事故で整骨院に通院したい!】整骨院へ通う際の注意点と必ず知っておくべき事