【交通事故で整骨院に通院したい!】整骨院へ通う際の注意点と必ず知っておくべき事


交通事故によって身体の調子が悪くなったり、関節に違和感を感じるという場合には整骨院に通院して、身体が元通りになる様に努めようと考える方も少なく無いでしょう。

しかし、交通事故による通院だからといって簡単に治療費がおりると考えていませんか?実は交通事故を理由に整骨院へ行く場合には、賠償金で通えないケースもあるのです。

では、治療費を出してもらいながら整骨院に通院するためには、どのようにすれば良いのでしょうか?下記でご説明していきます。

整骨院と整形外科は併用が必要

交通事故による治療費は保険会社に請求をすることで、治療費を負担してもらうことが出来るということを知っている方も多くいると思います。

しかし、整骨院のみに通院しているのであれば、治療費を請求することができません。そのため、まずは交通事故による怪我の治療として、整骨院を利用する際には整形外科等にも同時に通う必要があります。

しかし、その理由を知らないと「なぜわざわざ2つも病院にかからないといけないんだ。」や「整骨院へ行けば良くなるのならそっちだけ行けば良いだろ」と思う方もいらっしゃるでしょう。

その様な方のために、まずはなぜ整形外科をセットで受診するのかをご説明していきます。

整骨院だけでは診断書が貰えない

shutterstock_261869213

まず整骨院というのは病院ではないため、先生が診断書を出すことができません。

その為、保険会社というのは直接診察している場に立ち会ったり、お客さんの身体を診断している訳ではありませんので、お医者様の書く診断書というものを、信用して治療費を支払っています。

しっかりと整骨院に通う場合には、しっかりと病院にて診断を受け、診断書を受け取っておく必要があるということです。

後遺障害が認められない

shutterstock_1095543359

交通事故による怪我は軽いものでも、神経に異常をきたしてしまう場合があります。そして最悪の場合、後遺障害が残る可能性もあります。その時には後遺障害に対する損害賠償金を受け取ることが可能ですが、受け取る際には「損害保険料率算出機構」という場所へ必要書類を提出し、後遺障害認定を受けなければいけません。

しかし、整骨院への通院のみでは後遺障害の認定に必要な「後遺障害診断書」を受け取ることができず、賠償金を受け取ることが出来なくなってしまいます。

後遺障害診断書を受け取れない理由は整骨院の先生は医者ではないので、診断書を書くことができないためです。

整形外科と整骨院を併用するには?

なぜ整骨院のみの使用をおすすめしていないかはお分り頂けましたでしょうか?

ここからは整形外科と整骨院の併用方法をご紹介していきますので、ぜひこちらでの方法をご確認ください。

1.整形外科の担当医師の指示

shutterstock_531860410

整骨院での施術に関して担当医師より症状を快方へ向かわせる可能性があると判断され、症状をしっかりとお医者様が管理をしているという状況があれば整骨院を併用することができます。

お医者様の管理とは、しっかりと病院へも通院しつつ整骨院へ通っていれば問題ありませんので、先生からの指示があった場合には整骨院を併用することが可能です。

2.医師から指示がない場合は””医師の許可””をもらう必要がある

shutterstock_578134666

整骨院へ通う際には担当の医師から整骨院への通院の許可をもらう必要があります。

ただ口頭で許可をもらうだけではなく、どのような施術を整骨院でしてもらうのか、どのくらい通うことが必要なのか、詳細を書いた書類を受け取る事ができると併用しやすいです。

では、どのようにして医師からの許可をもらうのでしょうか?

担当医師から「指示」「許可」は本当にもらえる?

上記でご説明した様な指示を医師から受けるというケースは、実は滅多にありません。

担当のお医者様によっては整骨院へ通うことを、良しとしない方もいらっしゃるので、許可を貰うことが出来ないという事もあります。

しかし、整骨院への通院は「ご希望であれば通院してください」という程度の軽い同意でも、受けることができれば施術を受けることができますので、治療費が出る可能性もあります。

簡単にいうと医師が整骨院に通うことを反対していなければ大丈夫です。

医師に許可してもらうために必要な事とは

shutterstock_1222202530

まず、具体的な指示をもらうことは難しいので、どのような理由で整骨院に通いたいかを担当の医師に説明して、指示とまではいかなくても「同意」を受けましょう。

このような同意を受けるためには、自分が使う医師の病院など、自分に対して親身になってくれる医師や、整骨院へ通うことに対して協力的な病院にかかることが良いでしょう。

もし初診なのであれば、しっかりと先生とコミュニケーションをとり、先生に相談していきましょう。

それでも難しそう、そんな医師を知らないという方は、交通事故に詳しい弁護士に相談してみるのも一つなので覚えておきましょう。

医師の指示、医師の許可を得たあとの流れ

医師の指示や許可を得ることができた後にも、治療費をもらうため様々な必要事項がありますので、ここからはその流れをご紹介していきます。

保険会社の確認を取る

shutterstock_331290323

まずは保険会社に、治療のため整骨院への通院をするが治療費は出るのかと言うことを確認しましょう。

大きな障害が見受けられず、自覚症状しかない場合には整骨院へ通っても、現状維持をするだけの治療なのではないかと、受け取られてしまう可能性もあるので、しっかりと整骨院での治療の有効性について聞いておくことが必要です。

症状固定まで整形外科に通い続ける

shutterstock_1041343738

もう一つは症状固定という状態まで、しっかりと整形外科に通い続けることが必要です。

症状固定とは、これ以上快方に向かう治療が施せず、時間の経過を待つしかないような状態になってしまった場合のことを指します。

この症状固定になるまでは、整形外科に通っていないと保険会社の方に病院での診断を受けなくても、良いくらいまで回復したと思われてしまうので、しっかりと整形外科には通っておきましょう。

許可を貰えず通院した場合

しっかりと医師からの許可を得ずに整骨院に通院してしまった場合には、自分の治療費を損してしまう可能性があります。

では一体どのような損をしてしまうのでしょうか。

費用の支払いを拒否・減額される場合もあるので注意

shutterstock_1228537249

とても良心的で話を聞いてくれる保険会社であれば良いのですが、中には許可をもらっていないという事は、有効な治療ではないため治療費は出ないという保険会社もあります。

そして、整骨院での治療を受けられるほどに回復したと判断されてしまい、治療費の支払いを拒否されたり受け取れる金額を減らされる可能性も十分にあります。

そのためしっかりと医師の方に許可はとっておきましょう。

整骨院を利用するに当たっての注意点

整骨院を利用するにはメリットもありますが、注意点もありますのでしっかりと注意点を把握しておく必要があります。

どの様なことに注意していく必要があるかを以下でご紹介していきます。

医師の治療が受けられる訳ではない

shutterstock_432165577

まず勘違いしがちなのが、整骨院にいるのは整体師の方であって医師ではありません。

そのため、医師による診断を受けることはできないので、治療をする際に必要な薬を処方したり、緊急の症状には対応できません。

そのため、交通事故による怪我の場合にはしっかりと病院にかかり医師による診断を受けることが大切となります。

健康保険の併用ができない

shutterstock_673636390

整骨院と病院のどちらにも通っているという場合には、健康保険の利用ができなくなってしまいます。

実際は整骨院か病院どちらかにしか健康保険が適用されないため、ほとんどの人が病院による診察の方に健康保険を適用する様です。

そのため、整骨院と病院を併用する際には、どちらかの機関は治療費が全額負担になってしまう可能性があるということを把握しておきましょう。

怪我の理由を伝える

shutterstock_793488460

整骨院に通う際には交通事故によってどのような怪我をしていて、どのような痛みがあるのかをしっかりと先生に伝えるようにしましょう。

そうする事によって先生も、どのような施術をすれば良いのかも分かりやすくなりますし、スムーズに保険を利用することが可能になります。

しっかりと自分の怪我の理由、症状を把握しておくことで自分が優位に保険を受けることができたり、適切な施術を受けることができるため、しっかりと自分の状態については把握しておきましょう。

必要以上の通院は認められない

shutterstock_755088883

必要以上に通院をしていても症状が改善されるのではなく、適切な時に適切な治療をしてもらう必要がありますが、そのことを無視して何度も通院をする方がいます。

そのような通院は治療費の適用外となってしまう可能性もありますし、症状がほとんど治っているのではないかと、保険会社に疑われる可能性も高くなってしまいます。

そのため、しっかりと医師の方に通院のペースを確認し、整骨院の先生ともコミュニケーションをとって、通院頻度を確認しながら通院していくようにしましょう。そうすることで通院頻度についても説明できるので、治療費を適切に受け取ることにつながります。

水増し行為として見なされる場合がある

shutterstock_379650343

あまりにも整骨院への通院回数が異常に多いと、多額の保険料を受け取るための『水増し行為』として見なされてしまうこともあります。

また、交通事故患者に対して「儲かる」という認識を持っている、悪い整骨院は必要以上の通院をしたような記録を作成し、保険料を受け取ろうとする場合も見受けられます。

そのような場合には自分は被害者ですが、保険会社には真実が分からないため、被害者である自分も共犯なのではないか、という疑いをかけられてしまうこともある様です。

上記のようになってしまうと、保険料を満足に受け取ることができなくなってしまうので、整骨院選びは慎重にするようにしましょう。

まとめ

整骨院は病院ではないため、しっかりとした医師の診断が必要であり、治療費を受け取る際にも様々なポイントがある事はおわかり頂けたでしょうか?

この記事でご紹介したことを活用して適切な治療費を保険会社に支払ってもらえるようにしましょう。

関連記事
【交通事故と同意書】書類の内容と理由。整骨院と併用して通うには?
【交通事故と同意書】書類の内容と理由。整骨院と併用して通うには?
【交通事故における治療はいつまで?】通院打ち切りの対処方法や理由など解説
【交通事故における治療はいつまで?】通院打ち切りの対処方法や理由など解説
【交通事故治療の期間とは?】治療期間や治療費打ち切りの理由を解説
【交通事故治療の期間とは?】治療期間や治療費打ち切りの理由を解説
【注意しておきたい】交通事故で整骨院に通院した場合の慰謝料はどうなる?
【注意しておきたい】交通事故で整骨院に通院した場合の慰謝料はどうなる?
【交通事故で整骨院に通院したい!】整骨院へ通う際の注意点と必ず知っておくべき事
【交通事故で整骨院に通院したい!】整骨院へ通う際の注意点と必ず知っておくべき事